幸せな生活とは

発展途上国などの現状を見ているとなかなか食べるものも十分とは言えなかったり、
戦争などで住処を失った人もいてとても気の毒だと感じることがあります。
もちろんそのような方々から見れば住むところも食べ物も十分にある日本人は幸せと言えるかもしれません。
でも衣食住が足りている状態ならそれで人は幸せなのでしょうか。

どんなに豊かで人をも羨む生活をしていてもぜんぜん幸せではない人もいます。
逆にすごく貧しい暮らしをしていたり、一人ぼっちで暮らしていてもとても幸せだと感じる人もいます。
つまり幸せとは物質的なものではなくその人の心の中にあるものだと言えるのです。
コップの水で引き合いに出されるたとえ話があります。
コップに水が半分入っている状態をある人は「コップに水が半分しかない」と感じ、
またある人は「コップに水が半分もある」と感じるといいます。

まさにこれが幸せの鍵を握っていると言えるのです。
コップの水がもう半分しかないと思ってしまう方は悲観的に物事を考えてしまう方と言えます。
水がなくなったらという先の心配事まで背負い込んでしまうタイプの方は
いろいろなストレスを感じやすく、幸せを実感しにくいタイプと言えます。

またコップの水がまだ半分ある、と考えられる方は前向きでストレスに強い人と言えます。
物事を前向きに捉えるということは幸せに近づくことができるタイプなのです。
どのような状態にあっても幸せを見つけ出せる方は見つけることができ、同じ状態でも
不幸しか見つけ出せない人もいると言えるのです。
そのような中でも幸せになるためにはいろいろな要素があります。

たとえば健康かどうかというのは幸せにとって大事な要素です。
人は痛みがある最中のとき、なかなか幸せを感じることができません。
でもその痛みから解放されるととたんに幸せだと感じます。
病の宣告をされた中で幸せを見出すのはとても難しいことです。
このように健康は幸せに深く関わってくる要素だと言えるのです。
また人間関係も幸せに深く関わってきます。

というのも人間関係は最もストレスの原因になりやすい要素だからです。
人間関係はもちろん人が生きていく上で欠かせないもので、信頼できる親子関係、
友人関係などは人生をより豊かで嬉しいものにしてくれる要素です。
でも逆に人に気を使いすぎるタイプの方はこうした人間関係からストレスを感じやすくなってしまいます。
人と適度な距離を保ち頼りすぎない関係・相手を思いやれる関係を維持することで
幸せな人間関係を維持することができます。
幸せとは物質的なものとは限らず人の心の中に見つけられるもので、自分次第とも言えるのです。

例えばこれは女性にかぎった話になりますが、バストが大きいという事を幸せに思う事が
あるのではないかと思います。バストが小さいと感じている女性はバストケアをおこなって
バストを大きくする努力をする事も必要となってくるのではないでしょうか?
バストケアをすると自然と胸は 大きくなっていき、今までバストが小さいと悩んでいた女性の方には
絶大な効果をもたらしてくれるものと思いますし、きっと大いに喜んでもらえると思います。
気が付けば驚くほどの巨乳になって幸せを感じられるのではないかと思います。